作成者別アーカイブ: 志村一隆

Google TVのチラシ

Google TVのチラシ

取得場所・時期:2010年ニューヨークの家電量販店ベストバイ。

“Search and watch – all on the big screen” とある。ネットが普及し、自分で検索して見ることを知った消費者にとって、検索できないテレビはとても不便なものに映った。

“Television and Internet, together at last” テレビとインターネット、通信と放送の融合は命題だけが古くから唱えられていた。なので”at last”なのだろう。

「Google TV」はGoogleが2010年に始めたテレビ向けプラットフォーム。Googleにとって、アメリカで600億ドルと言われていたテレビ広告市場は、自らの成長戦略のストーリーとして、ロジカルに見えた。
家電メーカーではソニーだけが”AndroidOS”のGoogleTV対応機種を発売。アメリカ先行だったため、日本にはいつどんな形で黒船が上陸するのかという感じだった。品川にあるソニーのショールームに呼ばれて実機を触ることが、業界内である種自慢気な空気感。ソニーの担当者も、我々だけがGoogle本体と交渉してる的な雰囲気を醸し出していた。
ただ、”Google TV”のリモコンがとにかくボタンが多すぎ、あまり市場に受け入れられなかった。。2016-2017年に、”Amazon Echo”といった音声認識の家電製品が一挙に売り出され、キーボード的なデザインは姿を消していく。
(参考)アメリカの家電店でGoogle TVを触ってみた(2010)

Google TVのチラシ

 

ネットフリックス チラシ 表

ネットフリックスのチラシ

取得場所・時期: 2015年9月 ビックカメラ(東京有楽町店)

ネットフリックスが日本上陸したのは2015年9月。チラシには、ソニー、東芝、パナソニック、シャープがネットフリックス対応テレビを出しているとある。2010年、Google TVの時はソニーだけが対応していたのを考えると、家電メーカーや映像配信の環境が変わったのだろう。

ネットフリックスのチラシ訴求ポイントは、「革新的なレコメンド機能」、「高画質(4K)」、「立ち上がりがサクサク(他のネット配信を意識してる?)」。それと「Netflixはオリジナル自社制作コンテンツがすごい」となっている。

ネットフリックスの日本進出・その後の業績については:独立メディア塾でまとめている。

ネットフリックス チラシ 裏

 

WYHNDAM PEACHTREE(アトランタ郊外のホテル)

WYNDHAM PEACHTREE(アトランタ郊外のホテル)

2013.4.24
部屋代129ドル+OCC TAX STATE 7.74ドル+OCC TAX CITY 7.74ドル = 合計 144.48ドル

HOTEL NIKKO SAN FRANCISCO
部屋代 205ドル+TOURISM TAX 28.83ドル+TOURSIM ASSESMENT 1.5% 3.08ドル
ハンバーガー 32.64ドル

HYATT REGENCY

SWAY 南部料理 31ドル

インターネット 9.95ドル

部屋代 152.10ドル+ROOM SALES TAX 12.17ドル+ROOM OCCUPANCY TAX 12.17ドル

トリーバーチ CAROLINE 235ドル+TAX8.750% 20.56ドル

アバクロ SWEAT PANTS 48ドル+NONBARE LAYERING 30.00ドル+ TAX8.75% 6.83ドル

SALT HOUSE 2013年4月16日 7:11pm

Coke 3.50ドル、Poached Egg 15ドル、Pig 28ドル、Halibut 32ドル、G1 SB Benzinger 11ドル

89.5ドル+TAX 7.81ドル 97.31ドル

Sekaido 560 Grant Ave. SF

MADOKA MAGIKA TSHIRT 20ドル+TAX 1.75ドル 21.75ドル

ヘーゲル国防長官談話(2014年4月5日)

Hagel: U.S.-Japan Partnership Critical to Regional Security より。

2014年4月5日

Hagel affirmed strong U.S. support for Japanese efforts at defense reform and thanked Abe for supporting the Japanese government last December in securing a landfill permit for the Futenma replacement facility.

“I’m visiting Japan … not just [to] reconnect and recommit U.S. efforts but to build on the recent meeting President {Barack] Obama had with Prime Minister Abe and South Korean President Park [Geun-hye],”

“The Japanese-American partnership is a very critical anchor to peace and stability and security in this part of the world

“The ASEAN defense ministers conference was an important first step in what I’m doing here in the region because it represented the initial effort we have been working on as we continue to collaborate and coordinate with and strengthen our relationships in the Asia-Pacific,” Hagel said.

The U.S. strategy of rebalancing to the Asia-Pacific region “is very much based on these relationships and all their variances and dimensions,” the secretary said, “so to start [his fourth trip to the region in less than 12 months] spending a couple of days with ASEAN members was important.”

Hagel also thanked those from Japan’s Self-Defense Forces “for what you do for your country and for our partnership, and for helping keep peace and stability in this part of the world.”

“Here the secretary will … share perspectives with the Japanese prime minister and defense minister on what they’re seeing on the Korean Peninsula, in the East China Sea and in the South China Sea,” the official said, and conduct important alliance consultations on opportunities and challenges of the international security order.

ASEAN:Burma, Brunei, Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, the Philippines, Singapore, Thailand and Vietnam(ミャンマー、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)

the ASEAN Defense Ministers Meeting Plus:米国、中国、日本、韓国、豪州、インド、ニュージーランド。