カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ヘーゲル国防長官談話(2014年4月5日)

Hagel: U.S.-Japan Partnership Critical to Regional Security より。

2014年4月5日

Hagel affirmed strong U.S. support for Japanese efforts at defense reform and thanked Abe for supporting the Japanese government last December in securing a landfill permit for the Futenma replacement facility.

“I’m visiting Japan … not just [to] reconnect and recommit U.S. efforts but to build on the recent meeting President {Barack] Obama had with Prime Minister Abe and South Korean President Park [Geun-hye],”

“The Japanese-American partnership is a very critical anchor to peace and stability and security in this part of the world

“The ASEAN defense ministers conference was an important first step in what I’m doing here in the region because it represented the initial effort we have been working on as we continue to collaborate and coordinate with and strengthen our relationships in the Asia-Pacific,” Hagel said.

The U.S. strategy of rebalancing to the Asia-Pacific region “is very much based on these relationships and all their variances and dimensions,” the secretary said, “so to start [his fourth trip to the region in less than 12 months] spending a couple of days with ASEAN members was important.”

Hagel also thanked those from Japan’s Self-Defense Forces “for what you do for your country and for our partnership, and for helping keep peace and stability in this part of the world.”

“Here the secretary will … share perspectives with the Japanese prime minister and defense minister on what they’re seeing on the Korean Peninsula, in the East China Sea and in the South China Sea,” the official said, and conduct important alliance consultations on opportunities and challenges of the international security order.

ASEAN:Burma, Brunei, Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, the Philippines, Singapore, Thailand and Vietnam(ミャンマー、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)

the ASEAN Defense Ministers Meeting Plus:米国、中国、日本、韓国、豪州、インド、ニュージーランド。

Kindle FireとNexus7のクラウド共有使い方

あやとりブログの続き

Kindle Fire HDとAmazon cloud player、Amazon cloud drive、Android file transferの使い方

1. Amazon cloud player(音楽プレイヤー)

– 音楽を聴きたいときは、Amazon cloud playerを使う(ことになっている)。
– パソコンからはブラウザからアクセス(インターネット)
– Kindleにはプリインストールされている。「ミュージック」がそれ。

1.1 クラウド(音楽用)

– KindleでAmazonから買った楽曲は、パソコンでも聴ける。
– Amazon cloud playerにアクセスすると共有されている。
– ブラウザ(Safari)で聴ける。
– プレイヤーダウンロードは不要。
– Amazon cloud playerにある楽曲は、自分のパソコンにダウンロードできる。

1.2 Kindle端末(音楽用)

– パソコンに保存してある楽曲は、Kindleと線で直結すると移動できる。
– Android file transferというソフトをamazonからダウンロードする。
– Kindle端末に移動させた楽曲は、Kindleからクラウドにはアップロードされない。
– パソコンからAmazon cloud playerにアクセスしても、Kindle端末に移動させた楽曲は表示されない。

2. Amazon cloud drive

– 文書(ワード、エクセル、パワポ)、写真を格納、Kindleと共有する。
– フォルダに「ビデオ」、「写真」とあるが、「ビデオ」はKindleと共有できたことはない。
– パソコンでインターネットに接続、amazonのcloud driveにアクセスする。
– ファイルをアップロードを選択。
– または、アップローダーをパソコンにダウンロードする。
– あっという間にKindleにアップロードしたワードファイルが表示される。問題無し。
– ただし、保存フォルダがどこに行くかわからない。
– Kindleのフォルダには、「ドキュメント」、「アップロード」と2つでるが、文字化けした変な フォルダに格納されることもある。
– ファイルを複数一気にアップロードすると、文字化けした変なフォルダに格納される。
– Kindleでダウンロードしても格納場所は変わらない。
つまり、cloud driveのフォルダ名、フォルダ内に格納されているファイルとKindleのそれはまったくリンクしていない。
– ワードでハイパーリンクした箇所は、そのままKindle上でも生きている。
– 佐藤秀峰さんの漫画onWebにある「ブラックジャックによろしく」はPDFで全部ダウンロードできる。
– それをクラウドにアップロード、Kindle Fireで見れる。
– ただし、ページめくりは、右。Fire画面の右下をタップする。
– PDF化されたマンガは、PCで上から下へのスクロールしながら読むとしっくりくる。
– @kindleのメアドにファイルを送信するとクラウドに格納される。
– ただ、それには○○@kindle.comに送信するメアドを登録する必要がある。
– ○○@kindle.comはamazonから自動で割当られるメアド。
– Eメールアドレスの登録は以下の手順で。
1. My Kindleページを開く。
2. アカウントにサインインする。
3. 「Kindle アカウント」内の「パーソナル・ドキュメント設定」を開く。
4. 「承認済みEメールアドレス」内の「Eメールアドレスを追加」をクリック。
5. 承認したいEメールアドレスを入力し「追加」を選択。
6. 追加されたアドレスからドキュメントを送信する。

2.1 ビデオを Cloud Driveにアップロード

– パソコンで動画ファイルをcloud driveにアップロードする。
– 「アップロード」か「ビデオ」フォルダに格納される。
– パソコンからはその動画は見れる。(インターネットに繋がっていれば)
– Kindle端末ではその動画ファイルは、どこにあるのかわからない。
-つまり、Kindleでは見れない。
– cloud driveのビデオフォルダに表示されている(パソコンで見たとき)動画ファイルは、Kindleではどこにあるかわからない。
– Kindleの「ウェブ」からcloud driveにアクセス、直接その動画をクリックすると見れる。

2.2 音楽

– 音楽ファイルをcloud driveにアップロードしても、何も起こらない。格納はされる。
– 音楽はamazon cloud playerを使えということ。
– Kindleの「ウェブ」からcloud driveにアクセスし、楽曲ファイルをクリックすると、自動的にパソコンにダウンロードされ、iTunesが立ち上がり、鳴り出す。

2.3 写真

– cloud driveにアップロードすると、文字化けしたフォルダ、または「アップロード」フォルダに格納される。
– 「写真」フォルダには格納されない。
– Kindleの「写真」、「クラウド」側で共有、見れる。

2.4 ドキュメント

– パワポは少し文字化けする。

3. パソコンとKindleをラインで直結

– 画像は「photo」フォルダ、動画は「video」フォルダにドラッグして移動。
– そうすると、Kindleでは見れる。
– 直結して移動させれば、見れる。
– ただ、音楽は直結して移動しても表示されないものがある。
– 同じiTunesで買ったものでも表示されるのとされないものがある。
– その画像、動画ファイルは、cloud driveには格納されていない。表示されない。

4. 米国amazonアカウントに変更して利用(米国滞在時、実験してみた)

– Kindleを日本アカウントから解除して、米国アカウントに接続。
– Kindle上で解除・登録ができる。
– 米国アカウントに接続すると、Kindleで買った本は削除される。
– 音楽は削除されない。ほか、ドキュメントなどクラウドとリンクされているものは削除。
– 米国アカウントに接続すると「ニューススタンド」と「オーディオブック」タブが表示される。

Kindle Fireを米国amazonアカウントで登録する

5. Nexus7とGoogle Driveの使い方

– Google Driveをパソコンにインストール
– Dropboxのように、拡張フォルダとして利用できる。
– しかし、そこにワード等のフォルダを移動しても、Nexus7には表示されない。利用できない。Kindleと同じ。
– android file transferをインストール、ラインでNexusとMacを直結すれば移動できる。

6. Kindle Fire、Kindle Paperwhiteのスクリーンショット

– Fire : 機器側面のon/offスイッチとボリュームの(-)を同時に押す。
– Paperwhite : 左上と右下を同時にタッチ。ラインで接続、パソコンでファイルを確認。

9. Nexus7にあって、Kindleに無いもの

– Nexusで本(スキャンしたものでない)を読むとき、長押しハイライトすると、意味だけでなく、英文訳も表示される。
– ページのめくりが、紙と同じようにたわんでめくれる。HTML5の表現?
– Play Booksは、サンプルダウンロードのボリュームが結構ある。
– 写真集はサンプルだけで結構充分。
– 青空文庫は、Kindleのほうが充実している。
– 同じ作家でもKindleにはあって、Nexus7には無いものがある。

10. SONY Reader

– Macで書籍管理をしている人は、雑紙はまだ買わないほうがよい。
– Macでは書籍機能をReaderにDLできない。
– Google Playにアプリがあるので、Nexus 7でSONY Book Storeで買った書籍を読める。

11. Bluetooth転送

– Kindle FireにBluetoothを利用してファイル転送はできない。
– ワイヤレスヘッドフォンなどは使える。

明日のメディア – NAB2012編 –

Dyle Mobile TV

■明日のメディア デジタル – NAB2012編 –

■ご購入(資料90頁+解説動画40分)はイズメディア・モールから。コチラ

■明日のメディア デジタル – 周波数問題で揺れる放送業界 NAB2012 - 

■目次一覧

■ NAB 2012で提示された方向性

– NAB2012と「明日のメディア・デジタル」で紹介する項目
– 米国映像市場の歴史―1920年代~2000年代
– 米国放送市場の現状
– 米国映像市場の歴史―2006年~2011年

■ ソーシャルメディアと選挙広告 セッション抄訳
– パネルディスカッション(Digital First Media、CNN、YouTube News、CBS News Radio、Univision)

■ ローカル放送局のデジタルへの取組
– CBS Local Digital
– Cordillera Communication
-(参考)ラスベガスのローカル局“FOX5”のアプリ画面遷移
– Belo
– Deseret Digital Media

■ テレビ・シンジケーションについて セッション抄訳
– 米国5大メディアコングロマリットの現状
– タイムワーナーの経営
– CBS Corporationの経営
– パネルディスカッション(CBS、ワーナー・ブラザース、Debmer-Mercury)
– ワーナー・ブラザース
– Debmer-Mercuryの戦略
– (参考) NAB2011 CBSムーンベスCEOとNABスミス会長対談抄訳
– ワーナー・ブラザース・テレビジョン セッション抄訳

■FoB TV
– 世界の地デジ状況
– FoB TVの課題
– NHK・FoBへの取組
– 米国・FoBへの取組
– FoB TVとは
– 欧州・地デジの状況
– 中国・FoBへの取組

■クラウド・コンピューティング
– パネルディスカッション(Equillibrium、TVStrategies、Altman Vilandrie & Co.、CSG International、Phoenix Marketing International、Verizon Digital Media Services 、Genos TV )
– クラウド映像制作の現状 (Digital Direct Networks)

■NAB会長とFCC委員長 講演抄訳
-(参考) NAB2010での様子
-(参考) インセンティブ・オークションについて
– NAB会長 講演抄訳
-(参考) NAB2011 NAB会長 講演抄訳
-(参考) NAB2011でのFCC委員長とNAB会長の議論
-(参考) Performance Rights Actについて
– FCC委員長 講演抄訳
-(参考) NAB2011 FCC委員長 講演抄訳
ブース展示
– 米国モバイル放送“DTV”の動き
– 双方向ラジオなど

明日のメディア デジタル – MWC2012バルセロナ編 –

バルセロナ街頭

– 明日のメディア デジタル – スマートフォンはライフチェンジャー。10年後の未来を語るMWC2012 –

– ご購入(資料+解説動画)はイズメディア・モールから。コチラ

– 目次一覧

■セッションの様子

  • スマートフォン普及に伴う消費者行動の変化とビジネスチャンス    
  • モバイル市場と通信キャリアの方向性    
  • ドイツ・テレコム CEO 講演抄訳
  • シスコ 会長・CEO 講演抄訳
  • アルカテル・ルーセント CEO 講演抄訳
  • パネルディスカッション抄訳
  • ボーダフォン CEO 講演抄訳
  • AT&T モビリティ 社長・CEO 講演抄訳
  • ロシア通信キャリア:ビンぺルコム CEO 講演抄訳
  • インド通信キャリア:バルティ・エアテル会長 講演抄訳
  • チャイナ・モバイル(中国移動) CEO 講演抄訳
  • フェイスブック CTO 講演抄訳
  • 金融業シティグループ COO&CTO 講演抄訳
  • 大手ネット通販イーベイ(eBay)社長・CEO 講演抄訳
  • 家電量販店ベストバイ CEO 講演抄訳
  • グーグル 会長 講演抄訳
  • 広告会社インターパブリックグループ会長・CEO 講演抄訳
  • モバイル広告会社インモビ(inMobi) 講演抄訳、モバイル広告についてのセッション
  • 広告会社ウベール・メディア、アーセナル(英国     プレミアリーグ)、マイクロストラテジー 講演抄訳
  • PR会社エデルマン、ノキア 講演抄訳

■ブースの様子

  • スマートフォンに標準装備されていた機能と社会の方向性
  • スマートフォンに標準装備されていた機能① – 動画編集機能
  • スマートフォンに標準装備されていた機能①番外編 – 手書き
  • サムスン “Galaxy Note” の街頭広告
  • スマートフォンに標準装備されていた機能②③ – 音声入力・FMチューナー
  • ノキアのスマートフォン展開 – 先進国と新興国市場への戦略
  • 参考:ノキアの新興国市場への戦略 (CES 2012から)

■各社のブース外観

  • ピックアップ企業 “Crucial Tec” 社