カテゴリー別アーカイブ: CES 2010

コネクテッドテレビ時代のビジネスモデル - CES 2010 –

–  ZillionTVは、ケーブルキラーではない。
–  テクノロジーが常に新しい扉を開けるのだ。ROKU、Yahooなど。問題は、既存のプレーヤーがイノベーションにどう対処するかである。
–  TV Everywhereは、既存のビジネスモデルにあった対処法である。お金を払ってもらっている加入者だけに、無料で見せるやり方は、レベニュー・ストリームの確保に重要である。
–  Huluは無料だが、現在収益を上げているコンテンツホルダー、アグリゲーターは、無料モデルに一線を引くのは当然のことだ。
–  コンテンツホルダーにとって、インターネットは新たなコンテンツ流通手段の一つ。まだ収益が低いだけの話。
–  放送波でテレビを見てインターネット回線も受けることができるハイパーSTBに注目している。
–  問題になっているのは、インターネットの影響でユーザーのバリューポイントが変わってきていることだ。
–  新しいSTBのユーザーテストをしたとき、ユーザーから熱心に尋ねられたのは、これでeBayができるの?とか天気がすぐわかる?などインターネット上のコンテンツのことばかりだった。我々はこうしたユーザーニーズをマネタイズしていかなければならない。
–  今後4年でコネクテッドTVが家庭にやってくる。リモコンも重要。オペレーターにとって、課金システムとマーケティング、カスタマーサービスの役割が増すだろう。
–  コンテンツはユーザーのチョイスが優先される。嗜好との関連性。ケーブル会社から押し付けることはできなくなる。
–  どんな時代でも顧客ニーズはコンテンツにあり、コンテンツの重要性は変わらない。コミュニティをマネタイズすることが成功のキーポイントだろう。
–  音楽産業はアーティスト、ライブなどのコミュニティを強化し収益をあげている。同じことが映像・テレビ業界にもやって来る。サブスクリプションモデルは限界ではないか?
–  課金モデルであっても、ターゲティング広告が可能になれば、新しい収益源になる。
–  ウィジェットのほうが簡単で安価。ターゲティングごとに多様なメッセージを送れる。
–  コンテンツクリエイターにとって、流通ごとにファイル作成などをするのが一番の問題。
– ソフトウェアを用いてテレビをネットワークにつなげることが今後の方向性だろう。だが各国それぞれの事情があるので、世界標準でというわけにはいかない。
–  現在のところ家電メーカーはネット接続などについてオープンな姿勢を持っていない。これはビジネスチャンスだと思う。
–  デバイスの競争というか、最終的にはユーザーインターフェースの競争、すなわちブラウザの競争になるのではないか。
–  テレビは、パソコン、ケータイと違うデバイスだ。ネット機器と違って、ユーザーからの信頼性が無いといけない。
–  ちょっと前のことだが、テレビにネットが見れるブラウザ機能を導入しようとした。ユーザーからの反応は散々だった。ネットを見るなら、パソコンをつければいいじゃないか。という声が圧倒的だった。


セッション「Bridging TV and Broadband: Strategic Relationships-Advertising,
Technology and Content」
2010.01.08 Fri., 13:30 – 14: 30 Las Vegas, CES 2010

パネラー
Mitch Berman, Chief Executive Officer & Co-Founder, ZillionTV
Bryan Biniak, CEO, Jacked
Alex Limberis, COO, Syabas Technology
Mark McKinnon, Co-Chair, Arts+Labs
Damon Phillips, Vice President, ESPN360, ESPN
Rick Song, Senior Director, Eastern US Sales, Microsoft Advertising
John Zelenka, VP of Business Development, Tribune Media Services
more bios here

Boxee、CBSなど・・OTTとプレミアムの議論 CES2010

DSC09166

Boxee ユーザーに見たいコンテンツを自分で選ぶ自由が保障される必要がある。

サムソン どんなプラットフォームでも共通の体験を提供できることが肝要である。SDKを配布し、サードパーティにアプリを開発してもらいたい。

コムキャスト オンデマンドサービスの充実を図っている。

Boxee ケーブルテレビは競争をあえて好まない。ユーザーはただ自分の好きな番組を見たいだけ。そのためのベストツールを提供したい。

Boxee インターネットでは、Huluでも他のサイトでも同じ番組が見れる。どこで見るかはユーザーに選択権がある。テレビでも同じことができないのはおかしい。(オーバー・ザ・トップはできる)ユーザーにとって大事なのはコンテンツだ。テクノロジーでもDRMでもチャンネルでもない。

CNET 音楽産業は、共通フォーマット(mp3)を作ったことがよかった。

FiOS コンテンツは無料(フリー)では作れない。誰かが負担している。

CBS 現在の映像ビジネスを考えるうえでの対立軸は、インターネット対テレビではない。CSIを見てくれるなら、パソコンだろうが、テレビだろうが関係ない。どんなメディアにしろ、視聴回数などを計測する仕組みが必要。テクノロジーとビジネスモデルの両立が大事だ。

CBS まず、視聴者がタイムシフトやプレースシフトを始めた。次にブロードバンドが普及した。残りは、コンテンツをどのように配信するかだ。どういったビジネスモデルを構築すべきなのか?音楽産業の二の舞は避けたい。CSIがFancastで配信されることは、ビジネスの拡張につながる。

コムキャスト コンテンツホルダーのコンテンツを守るのではなく、拡張することを重要視している。win-win-winモデルを構築する

電子書籍は書籍だけのものじゃない。スグに

DSC09969

電子書籍リーダーを「書籍」として捉えるとその可能性を狭める。

CES2010で展示されていた電子書籍の端末は大きく2つの種類があった。
ひとつは、大手ブランドが出している比較的高価なもの。
もう一つは、台湾などのベンチャー企業が出している安価なものだ。
KindleやNook、それにPlastic Logicといった製品は洗練されたデザインが特徴だが、2万円以上する。
ベンチャー企業が出している製品は、安いので1万4000円くらいからある。
操作性に違いはない。

そして、その安価な電子書籍には、2010年6月位からandroid搭載版が出荷される。
CESでは、その試作版が展示されており、カラーで動画も再生できていた。
あと半年もすれば、電子書籍は、書籍を読むだけのものではなくなる。
アップルのiPad、Windows7で動くマイクロソフトのタブレットなど、後続は続々続く。

DSC00184

こうした電子書籍は薄くて、手軽だ。
ちょうどiPoneの厚みはそのままに、画面を少し大きくした感じである。これは持ち運べる。

そう考えると、安価な電子書籍の普及は、「新聞社が端末を無料で配布する」くらいのことではなく、メディア、家電としてのテレビが代替されてしまうくらいのパワーを持ったものであろう。
これだけデバイス、メディアが安くなってしまえば、コンテンツ制作能力だけが、付加価値となる。

android搭載のenTourage eDge。片面がandroid搭載。

Geo Social Game : LBS(ロケーション・ベース・サービス)ビジネスの方向性

Moderator: Dean Takahashi, Writer, Venture Beat

Panelists:

– Leslie Bradshaw, President and Director of Operations, JESS3, LLC (広告クリエイティブ・エージェンシー)

– Hans Peter Brondmo, Director, Social Location Publishing, Nokia (2009年9月にノキアに買収されたPlumの創業者)

– Rahul Sonnad, Founder and CEO, Geodelic (ロケーションベースのモバイルパブリッシングシステム、ジオ検索のiPhone, android用アプリを提供するベンチャー企業。オススメ)

– Rik Temmink, Vice President of Product Management, TeleAtlas (デジタル地図、TomTom、欧州のGoogle mapにデータ提供)

CES 2010 のセッション 2010.01.08

■ プライバシー問題について

JESS3 APIが公開されている現在、Social Security Numberがエリア情報と結びついたり、LinkedInやfacebbokと結びついたり、どのように個人を特定されるか誰もわからない。情報を出している個人はバラバラに登録しているつもりでも、ネット上で合成されてしまう。

Gedelic  ロケーションに基づいたビジネスが発展するには、「ノー・プライバシー」モデルが不可欠。多くの人は、ネット上のプライバシーを放棄することに納得するのではないか。

Moderator ユーザーはプライバシーを排除して何を得られるのか?

Geodelic  効率的な生活ができる。ビジネスチャンスだ。

JESS3  私の祖母は、絶対インターネットに触れない。自分のプライバシーが誰かに見られてる気がするからだ。しかし、孫のfacebookなどを見ていて孫が何が好きかを遠くにいながら知っている。年代によって、プライバシーとシェアという概念の捉えかたが違う。

■ Geo Social Game (ジオ ソーシャルゲーム)の勃興

Geodelic    Fousquare, Gowalla, Rally がツイッターに代わるコミュニティになるだろう

Moderator   彼らの付加価値はなにか?

Geodelic  コミュニティの参加人数だ。

■ ロケーション広告について

Nokia  ロケーション広告は動的なものになる。レストランがバナー広告に出稿することは減るだろう。foursqareなどソーシャルメディアに情報が既に掲載される。今後はナビゲーションが重要。車だけなく、お店、友達とのつながり機能が大切になってくる。

JESS3  ユーザーが自発的に(volunteer way)に、ロケーション情報、嗜好性、誕生日などの情報を登録してくれる。オバマ大統領のローカル選挙戦略のWildfireを大手企業がマーケティング戦略として真似し始めている。

CES 2010 : 7 Things to Watch xcept 3DTV

CES2010のまとめ。オモシロかった展示7つを紹介します。ビデオ再生は、右下のHQボタンを赤色にしてお楽しみください

1)  LED TV, LG : LED薄型テレビ
2)  3D, LG : 3Gゲーム
3)  Skype on TV, LG :スカイプ on テレビ
4)  eBoard, Samsung : 電子白板 
5)  QUE, Plastic Logic :電子書籍
6)  INTERNETV, iGUGU :オーバー・ザ・トップ
7)  Augment Reality, Intel:拡張現実

Kuni and Takashi are here to introduce seven gadgets must-see.   

CES 2010 7日目の展示 ARなど(1月10日)

2010年1月12日

Argument Reality, Intel - 拡張現実 インテル -

Argument Reality Intel
Argument Reality Intel
Argument Reality Intel

TV Widget - ツイッターとテレビ、去年より後退? -

`Twitter TV Widget

ZigBee 宅内ネットワーク

DSC00141

Conrol4のデモ ビデオ再生をしてるところ

テレビのタッチスクリーン KIMIN Electorics SamsungのeBoardと同じ技術を開発している。Technology turns out to be commodity in the digital era

Lunch: Ham & Swiss $11.89

DSC00157

Some fun gadgets at CES2010

DSC00044

DSC09973

Back Home…

DSC00237
DSC00235
DSC00234

CES 2010 5日目 1月8日

DSC09660

9:00 ノキア Olli-Pekka Kallasvuo CEO 基調講演

- 46億人・・・全世界ケータイ契約者
–  グラスルーツ・ソリューション:全世界に社員を派遣、その土地の生活をしてニーズを探る。実際に通勤したりする
 ・ ケータイ決済口座サービス Nokia Money
  - ケータイ保有数は、銀行口座数より多い
  - 途上国では、ケータイはあるが、口座持ってない人が多い
 ・ oviメール
  - 世界の75%はまだメールを持っていない
  - oviメールは無料
  - 中国で300万人が利用
 ・ ベンチャー基金を創設 ( Nokia Growth Economy Venture Challenge )
  - 100万ドルを拠出
 ・ 語学学習の支援
  - セサミ・ストリートと提携

- ケータイはミドルマンを排除、途上国の人のビジネス、生活支援に役立つ
- コネクト・ピープル
- LonelyPlanet を支援

DSC09689

11:00 クアルコム (Qualcomm) Dr. Paul Jacobs CEO Keynote

- ケータイは、人類史上一番普及したデバイス
- このプラットフォームを利用したい
- HTC Smart発売
- BrewMP
- Swagg

DSC09778

Qualcomm and HTC
HTC and Qualcomm

Lunch at Press Room

DSC09787

12:00 FCC ジュリアス・ゲナコウスキー委員長(ジェナコウスキ? Julius Genakowski )

- ネット中立性
- ユニバーサル・ブロードバンド戦略について
   - ブロードバンド普及により、エネルギー、教育、生活保障など応用分野の発展に寄与したい
- 電波帯域について
   - 基本的に帯域は不足している
   - 効率的な電波利活用について考慮しないといけない
   - 電波を効率的に利用するソフトウェア、デバイスのイノベーションに寄与したい

- 地デジ移行で、Best BuyのCEOが、「複雑な課題を産業界と政府が協力して解決したことが収穫」と言っていた。帯域免許の割当は地デジ移行と同じ大きな課題で、その運用に柔軟性が必要だと思う(Shapiro氏)
- 民間部門との協力は不可欠だ。莫大な投資が必要であるから。
- FCCは、おくしたイノベーション、投資の果実を知らない人、理解してない人へ啓蒙する役割もある
- 21世紀の政府機関は、開かれた組織にしたい。人々の関心、参加を高めたい。そのために情報も公開、検索されるシステムが必要である
- テレビは、ブロードバンド普及のソリューションになると考えている
- CEAは、長い間ケーブルSTBが市販されないことに抗議してきた(Shapiro氏)
- 4年後、何を持って成功とするか?
  - ブロードバンド普及が最大の目標だ。数値は今日は控えたい。
  - 電波帯域は解放する
  - FCCを21世紀型機関にしたい。色々なチャンスに種まきをする

- FCCはあらゆる権限が集まっている。こうした組織体にしてくれたフーバー大統領に感謝してる(笑)

ゲナコウスキ FCC委員長

ケーブル業界の閉鎖性について

13:30 Bridging TV and Broadband

DSC09818

★ 展 示 ★

■ スカイプ on テレビ LGとパナソニックの2社

LG スカイプonテレビ ブース展示

パナソニック スカイプonテレビ

■ Dish NetworkのPC転送サービス

Sony Bloggie 360 lenz
Sony Bloggie, Camcorder for prosumers, 360 degree lenz

Samsung Mobile DTV

DSC09927

CES 2010 4日目 1月7日

DSC09450

 

7:30 Plastic Logic プレス発表会

- eBook、QUE
- 今春発売
- 8ギガ(3G、wifi、Bluetooth)800ドル、4ギガ、650ドル
- 流通:バーンズ&ノーブルと提携
- サプライヤー:WSJ、CNBC、Fast、
- 通信:AT&T
- E-ink技術。
–  文章にハイライト、タッチで丸をつけたりできる

 

10:30 ツイッター

- Seesmicのマーケティング戦略は、社員3名が24時間ツイッターで、質問を回答するだけ。
- モニターとマーケティングに利用している
- フォロワーのことは考えない
- コムキャストに電話して待たされている間に、ツイッターでは返答があった。
- サービス展開の時間はどんどん短縮している
- グーグルの記者発表、Ustreamとツイッターで、すぐ2万人以上が視聴し始めた。

ランチ: ハムサンド。プレス支給。プレス登録は長蛇の列。

12:00 インターネットTV

- ZillionTVは、ケーブルキラーではない。
- コンテンツの利用方法はもっと拡大してよい。市場拡大だ。
- デジタル時代は、コミュニティをマネタイズするしかない。
- 今まではパッケージがマネタイズに効果的だった。
- ウィジェットは規格化がコンテンツ市場の拡大に必要だ。
- テレビは、PCと違ってベータ版が許されないデバイス。家電メーカーはデジタルメーカーと考えが違う。慎重に進めるべき。
- コンテンツサプライヤにとって、プラットフォームはたくさんあるほうがよい。
- 通信キャリアのコアは、課金システムとカスタマーサービス。この2つで生き残れる。
- ユーザーは、ブラウザが欲しいだけではないか?ウィジェット競争ではなく、ブラウザが重要だろう。 
- 映画スタジオは、音楽の二の舞だけは避けたい。そのための方策探しに躍起だ。

13:30 3DTV Hope and Hyper ? 

– 一般ユーザーは、どうしたら3Dが見れるのか?よくわからない。
- BskyBは、3D規格を提案している。規格競争はユーザーを混乱させるだけ。
- 小売店への啓蒙も必要。
- HDのインフラは揃っている。そこに3Dコンテンツを載せるだけ。撮影、編集ノウハウ蓄積が今後の課題。
- 撮影・流通・デバイス、3者のうちどこが3D普及のコストを一番負担するのかが課題
- パナソニックは、2010年 フルHD、ブルーレイ、3Dのためのマーケティング予算を多くに見積もっている
- ESPNは、2010年85本の3D番組を予定
- 3Dは映画だけでない。スポーツ、音楽、ライブイベントにも適している
- 特別なイベント中継だけが3Dでメガネが必要。メガネの普及はそこまで問題ではない。
- DIRECTVも、6月から3Dを開始。
- 映画興収30%が3Dからだが、3Dを視聴した人が30%いるわけではない。3-5ドル高い。

15:00 I want my IPTV

- サードパーティにプラットフォームを開放し、オープンなイノベーションをもたらそうと考えている。
- CSIをコムキャストのFancastで配信するのは、メディアの拡大と捉えている。
- DRMも、配信方法も関係ない。重要なのは、コンテンツ自体の強さだ。
- インターネット時代は、コンテンツ利用方法の提案にイノベーションが興る。
- 現在のビジネスモデル転換期の考え方は、アナログ対デジタルではなく、ビデオ対放送という考え方で捉えている。


CBS Interactive Quincy Smith氏 CBSのデジタル戦略を担う


FiOS(ベライゾン)


BoxeeのRonen CEO

16:30 インテル Paul Otellini CEO 基調講演

- 新しいCPUコアの発表
- CPUはどんどん安く、性能が良くなる。CPUのイノベーションのスピードにあった利用方法はなにか?
- 3Dを家庭でも制作。
- フォードの車内ネットワーク化

DSC09644

インテルのIPTVソリューション

PCからテレビへのWifi接続


三酔談 CES4日目の見どころ

CES 2010 3日目 1月6日

DSC09404

■ 今日のキーワード

- コンテンツ・ネットワークの形成
- タブレット、タッチ、ジャイロ、
- プロシューマー用カメラ

7時15分出発。朝食なし。

★ LG プレス発表会 8:30-

- スカイプ on テレビ
- OLED、薄型テレビ
- NetCast コンテンツ・ネットワーク

DSC09298

★ セッション: ハイパーターゲティング広告 10:00-

- ハイパーターゲティング広告とマイクロターゲティング広告は、マッチング技術を元にしているかどうか?
- 単なる嗜好性だけでなく、行動Aと行動Bの関連性を発見するのが重要
- プレミアムコンテンツとCGM、CGMビジネスの成立には、マッチングが必要
- 

★ セッション: ハイパーターゲティング広告2 11:30-

- 大手クライアントは、広告投下予算を増やしているが、ほとんどデジタル分野だ。
- クライアントの出稿目的は、消費者の情報収集。デジタルが効率的
- プライバシー、オプトインが望ましい

■ お昼 チーズバーガーとコーラ 11ドル89セント

DSC09315

★ セッション: ハイパーターゲティング広告3 13:00-

- ソーシャルメディアは、次のマスメディアになるのか?
- 大手ブランドは、2wayコミュニケーションを嫌う。管理できないから
- クロスコミュニケーションで、消費者を追いかける必要がある
- 2年後には、メディア・バイイングはなくなってるのではないか?
- アドマーケットはマッチングしかできない。広告代理店の生き残りは可能

★ パナソニック プレス発表会 15:00-

- スカイプ on テレビ
- 3Dテレビ
- ビエラキャスト Viera Cast

Viera cast

★ ソニー プレス発表会 16:00-

- dash (タブレット)
- eBOOKリーダー
– Bravia インターネットビデオ

ブラビア インターネット

DSC09359

Tylor Swift のライブ :)

DSC09357

★ スティーブ・バルマー 基調講演 18:30-

- Media Room、Media Center
–  HPのタブレット
- XBOX Live with ソーシャルメディア

Las Vegas Convention Center Sunset