カテゴリー別アーカイブ: メディア関連販促物・切抜き

Google TVのチラシ

Google TVのチラシ

取得場所・時期:2010年ニューヨークの家電量販店ベストバイ。

“Search and watch – all on the big screen” とある。ネットが普及し、自分で検索して見ることを知った消費者にとって、検索できないテレビはとても不便なものに映った。

“Television and Internet, together at last” テレビとインターネット、通信と放送の融合は命題だけが古くから唱えられていた。なので”at last”なのだろう。

「Google TV」はGoogleが2010年に始めたテレビ向けプラットフォーム。Googleにとって、アメリカで600億ドルと言われていたテレビ広告市場は、自らの成長戦略のストーリーとして、ロジカルに見えた。
家電メーカーではソニーだけが”AndroidOS”のGoogleTV対応機種を発売。アメリカ先行だったため、日本にはいつどんな形で黒船が上陸するのかという感じだった。品川にあるソニーのショールームに呼ばれて実機を触ることが、業界内である種自慢気な空気感。ソニーの担当者も、我々だけがGoogle本体と交渉してる的な雰囲気を醸し出していた。
ただ、”Google TV”のリモコンがとにかくボタンが多すぎ、あまり市場に受け入れられなかった。。2016-2017年に、”Amazon Echo”といった音声認識の家電製品が一挙に売り出され、キーボード的なデザインは姿を消していく。
(参考)アメリカの家電店でGoogle TVを触ってみた(2010)

Google TVのチラシ

 

ネットフリックス チラシ 表

ネットフリックスのチラシ

取得場所・時期: 2015年9月 ビックカメラ(東京有楽町店)

ネットフリックスが日本上陸したのは2015年9月。チラシには、ソニー、東芝、パナソニック、シャープがネットフリックス対応テレビを出しているとある。2010年、Google TVの時はソニーだけが対応していたのを考えると、家電メーカーや映像配信の環境が変わったのだろう。

ネットフリックスのチラシ訴求ポイントは、「革新的なレコメンド機能」、「高画質(4K)」、「立ち上がりがサクサク(他のネット配信を意識してる?)」。それと「Netflixはオリジナル自社制作コンテンツがすごい」となっている。

ネットフリックスの日本進出・その後の業績については:独立メディア塾でまとめている。

ネットフリックス チラシ 裏