ケーブルテレビの広告の取組 – CES 2011

Q  STBを通した視聴習慣が増えている?

– DVRが広まり、STBを通して見ることが多くなったので、視聴行動を秒単位で測定できる。(Tivo)
– 測定可能なオンラインメディアに広告主の予算が流れている。Netflix、xBoxなどでコンテンツを見る習慣が増えれば、これまでの広告は変わらざるを得ないだろう。精確さが求められる。(OMD)

Q 効果測定も変わるか?

– 視聴行動データに、ロケーションなどケーブルテレビで取得できるデータをもっと盛り込み、より精確なデータベースを作る方向で動いている。どのデータを組み合わせれば、広告クライアントの要望に応えられるか、ビジネスミーティングではそういう話になる。(Comcast)
– ほとんどの広告プラットフォームはアマチュアの仕事だ。モバイルでもテレビでも広告はスキップされて見てくれない。それが明白なのに広告を投下するCMOはいない。新たな広告プラットフォームは、そうした課題も解決するものでなければいけない。(McCann)
– カヌー・ベンチャーズで、EBIFというコンテンツ配信の統一フォーマットを作った。ケーブルテレビ6社に、コンテンツを配信できる。CNBC、ディスカバリーチャンネルなどが参加予定だ。30秒CMのあとに、視聴者に無料サンプルを配るための申し込みページなどを表示させることができる。昨年9月のテスト配信では、クリック率が0.809%だった。今年は、クイズ、投票システムなどをリリースする(Canoe Ventures)

Q ケーブル、DVRの広告はまだ市場規模が小さい

– まだそういう試みをするには市場が小さすぎる。広告クライアントは、大きな予算を短期間で使いたがる。(McCann)
– 予算の大きなクライアントは少数だ。新たな広告テクノロジーは、色々な実験ができていいのではないか。(Yume)
– 我々は、200万世帯がCanoeサービスを利用していて、オーバーレイ広告を4億インプレッション出稿している。まだ小規模だが、ビジネスは始まっていて、動いている。カーディーラー、ローカルの小売店、テーマパークなどがクライアントだ。(Comcast)
– 視聴者がいつポーズボタンを押したか、早送りしたかなどのデータを全部把握している。早送りする途中に広告を表示させたり、色々なパターンがある。番組トレーラーを表示させ、それをクリックするとシーズン予約できる仕組みもある。ネットワーク局にとって視聴者確保に有益だ。(Tivo)

Terry S. Bienstock, CEO, Mobilactive Media, LLC.
Ian Foley, Senior Director, Emerging Platforms Business Development, YuMe
Tara Maitra, VP & GM Content Services & Ad Sales, TiVo Inc.
Jeff Minsky, Director, NEXT Emerging Media, OMD Ignition Factory
Marc Ruxin, Chief Innovation Officer, Universal McCann
Kevin Smith, Group Vice President, Spotlight Integrated Media Sales, Comcast
Jim Turner, SVP of Products, Canoe Ventures
Adam Weiler, Director of Media Research, DraftFCB/MC Media

2011年1月5日16時- CES2011 ラスベガスにて