FCC委員の議論 – CES 2011

■ 地デジ移行について

–  米国は2009年6月12日に地デジ移行を完了した。日本の放送官庁がそのノウハウを聞きに来た。私が強調したのは、とにかく早く準備をすることと消費者への啓蒙だ。(McDowell)
–  周波数はもっと効率的に利用されなければならない。(Baker)
–  オンラインビデオマーケットは成長している。これが、放送の代替なのか補完なのか、勝者になるのかはこれからの発展の仕方による。

■ テレビデバイス、放送以外の映像ビジネスイノベーションが次々と起こっている。

–  ネットワーク局がグーグルTVへの配信を停止している問題については、技術的な課題であり、FCCが介入することはない。(McDowell)
–  ブロードバンドがテレビにつながり、色々なデバイスが開発され、イノベーションが起きている。我々もその動きについていかねばならない。(McDowell)

■ ケーブルテレビとワイヤレスの競争について

–  ワイヤレスは現状の事業者にとって、脅威になるだろうが、イノベーションが解決するだろう。(McDowell)
–  20年前の競争はケーブルテレビとネットワーク局だったが、いまそのケーブルテレビはワイヤレスとの競争を仕掛けられている。(Baker)

■ ワイヤレスについて

–  4Gは我々の想像以上に広まっているが、WiMaxとLTEが並立しており1つにまとまっていない。 これは技術的課題ではなく政治的課題だ。いずれにせよ世界に対し競争力を保つことが必要だ。(Baker)

■ FCCの権限について

–  議会は、FCCがインターネットについて規制できるのか、判断するには、もっと時間がかかるだろう。(Baker)
–  モバイルが成長し、映像のナビゲーションデバイスとなっている。シスコがブロードバンドテレビに進出したり、業界の垣根がなくなっていて、規制管轄もそれに合わせ考えなければならない。(McDowell)

2011年1月7日15時 CES、ラスベガス、ネバダ

モデレータ:Rob Pegoraro, Technology Columnist, The Washington Post
Meredith Atwell Baker(民主党), Commissioner, Federal Communications Commission
Mignon Clyburn(民主党), Commissioner, Federal Communications Administration
Robert M. McDowell(共和党), Commissioner, Federal Communications Commission