Steve Balmer Microsoft CEO 基調講演 – Media Summit New York 2009 –

・中国と法人向けコンサルティング分野に注目
・ヤフーユーザーを獲得できれば検索エンジンの精度が増す。ヤフー買収は理に適っている

■ヤフーの買収は理に適っている

– 検索はそれ自体が目的ではなく検索して何かをしたり、させることが重要である。ヤフーもグーグルもそのための投資をしている。我々も6ヶ月毎に新しい検索サービスを発表している。

– 新しい検索サービス‘kumo’という言葉がどんな意味かは知らない。またここで詳しいことはコメントできない。

– ヤフーの買収話は、電話でした。友好的に。ヤフーの技術が欲しいというわけではなくヤフーの顧客基盤、ユーザー数が欲しい。ユーザーが増えれば広告主もつくし、データが集まるので検索エンジンもより賢くなる。ヤフーの買収は理にかなっていると思っている。

– 検索市場は、グーグルが50%以上シェアを握っている。我々とヤフーは一緒になるべきだ。

■ ZUNE、Windows Mobile

– Zuneはデバイスとコンテンツ配信プラットフォームで成立している。デバイスは苦戦しているが、今後モバイル端末は機能が多様化する。あきらめるつもりはない。

iPhoneは素晴らしいがタッチスクリーンは高価な端末だ。新たなにリリースした Windows Mobileは、タッチスクリーン機能もサポートしている。

500ドルもするモバイル端末を購入するのはアメリカ人の一部だけ。普及機から高額商品まで様々なモデルを用意する必要がある。

– アップル製品は、ほぼ半分がアップルストアを通じて販売されている。Windows Mobileは、ソフトウェアなので、アップルは直接のライバルだとは思えない

■ クラウド分野はビジネスチャンス

– クラウドにはビジネスチャンスを感じている。今後ソフトウェアは、クラウド上に置き、動作が滑らかに行かなければいけないだろう。

– 今後力を入れていきたいのは、法人ユーザー向けのコンサルティングビジネス。 IBM、インド企業がライバルだ。

– 法人向けビジネスは、無料な文化が入ってきていない。だから、グーグルが入ってこれないビジネス分野だ。

– 今一番注目している市場は、中国市場だ。海賊版などの課題はあるが、間違いなく一番成長しているのは中国だ。PCの16%は中国市場で売れている。BRIC’sではなく、中国のみに注目している。

– また法人市場も注目している。企業の生産性を向上させる仕事は得意だ。

– マイクロソフトには、買収戦略はなくビジネス戦略のみがある。大型買収は顧客基盤を小型買収は技術を買っている。買収を成功させる秘訣は買収後‘Hands On’な姿勢を保つことだ。ただやり過ぎて口を出し過ぎてはいけない。

– 3スクリーン戦略は推進したい。テレビにはPCが持っているようなインテリジェンス機能がない。

– Xboxは、今後12ヶ月でメディア・センターなどより機能を拡大するだろう。

– 年間90億ドルのR&D費を削減するつもりはない。

– GDPを増加させるには、生産性向上とイノベーションの2点しかない。政府はもっとテクノロジーに予算を振り分けるべきだ。

2009年3月19日 9:15 AM- Media Summit New York 2009 ニューヨークにて
Steven A. Ballmer
, Chief Executive Officer, Microsoft Corporation