タグ別アーカイブ: SONY

ウルトラバイオレット(Ultra Violet) – NAB2011

Q 映像のデジタルダウンロードは昔からできた。VUDUは299ドルだった。他に必要か?

UltraViolet:さきほどのビデオを見ると、誰もディスクは不要だと言っている。なかには、テレビ番組を所有したい人もいる。消費者は、好きなお店でディスクを買い、誰かに渡したりするフレキシビリティを好む。ウルトラバイオレットが普及するには、ディスクよりも便利でなければならない。

Q ここ数年で所有欲からレンタル、無料でいいという方向性に消費性向が変わっているのでは

Best Buy:まだコレクター気質の人はいる。しかし、所有からレンタルへと消費者の選択は広がっているのは事実だ。コレクションは自己主張の発露だ。デジタル時代はソーシャルメディでそのコレクションを友達に見せている。

Q ウルトラバイオレットが解決するユーザーの悩みについて。

Microsoft:ウルトラバイオレットが提唱するデジタル・セルスルーモデルについて。ユーザーは、自分の好きなお店でコンテンツを買い、好きなデバイスで見られる。ウルトラバイオレットは、デバイスとサービスの垣根を融合している。クラウドがそれを可能にした。次に、動画フォーマットの問題がある。ウルトラバイオレットは、複数のDRMを横断して視聴できる環境を提供する。ウルトラバイオレットでは、マイクロソフトのパソコンからソニーのプレイステーションにファイルを移動させても映像を見られる。DVDはどの機械でも再生できる。ウルトラバイオレットは、ディスクでできることをデジタルでもやろうとしている。参加企業の製品には、ウルトラバイオレットのロゴが貼られる。

Neustar:若者はデジタルかフィジカルかという切り口だったが、私はデジタル+フィジカルのハイブリッドな時代になると思う。ウルトラバイオレットの普及初期には、ユーザーは好きな映画をクラウドとディスク双方で持つハイブリッドライブラリで利用するのではないか。

Q デジタルロッカーについて

UltraViolet:自分でお昼休みに買った映画を自宅で妻が見たりもできる。家族間でコンテンツ共有ができる。鍵を開けるイメージだ。

Q 誰がアカマイのお客さんか?誰が通信コストを払うのか

Akamai:様々なビジネスモデルがあるから、それによって違う。

Q ウルトラバイオレットは、コンテンツ流通にどう影響するのか

Sony:ウルトラバイオレットは、ウィンドウ戦略に変化をもたらす。デジタルセルスルーで、家庭にコンテンツが一番先に届けることになる。デジタルという意味では、ブルーレイ、DVDで経験済みなので、クリエイティブになにか変化が起きるとは思わない。今まで小売りが、コンテンツへのアクセス、消費、発見などのポイントになっていたが、それを消費者に直接もたらすことができる。

Q メーカーが直接小売りに乗り出すようなものだが、その影響は?

Best Buy:今でもDVDをたくさん売っている。デジタルになっても、なにがユーザーにとってベストなのかを探って、解決していくしかない。フィジカルとデジタルのギャップに生じる課題の解決策をユーザーに提案し、彼らに便利と思ってもらうしかない。

Q アップルがiPodやiTunesビジネスで成功した。マイクロソフトはなぜDECEに参加したのか?自分たちだけでやらないのか?

Microsoft:我々はトップ企業ではなく、家電メーカーなどとの協業が必要だと思う。消費者は賢い。今までのバリュープロポジションでは通用しない。

Q アンケートでどれくらいの機器と共有できれば便利か?と聞くと、それが何個でも不十分だという結果がでる。いったい1世帯でウルトラバイオレットが共有できる機器はいくつに設定すればいいのか?

Neustar:ウルトラバイオレットで共有できる機器数は、今のところ12個まで。これはダウンロードできる機器。ストリーミングできる機器は無制限で、この12個のなかには含まれない。ケーブルテレビのSTBなどはカウントしない。

Q ウルトラバイオレットは、インフラコストを効率化できるのか?

Akamai:標準化があらゆる配信コストを低下させる。我々は多様な動画フォーマットに対応しているがDECEが動画フォーマット、DRMを標準化してくれればよい。

UltraViolet:小売店も、消費者に商品を届け、設置するコストがとてもかかる。ウルトラバイオレットでは、マーチャンダイズのバリューチェーンが変わる。

Q なぜComcastはDECEのメンバーなのか?TV Everywhere?

UltraViolet:マルチチャンネルオペレーターは、コードカッティングなど構造的な戦略危機にさらされている。もし、彼らがウルトラバイオレットのようなサービスをユーザーに提供しなければ、ほかのオーバー・ザ・トップ事業者が提供してしまう。

Q ほかに何かあるか?

Sony:デジタルコレクティングがどうなるか?ライツロッカーのメカニズムがどう働くのか?

Q ハッカー対策?

UltraViolet: その件に関して我々は経験豊富だ。毎日監視することも重要だし99.99%大丈夫だと思っている。

David Wertheimer, Entertainment Technology Center
Christopher Allen, Best Buy
Richard Berger, Sony Pictures Home Entertainment
Tim Dodd, Neustar Media
Scott Fierstein, Microsoft Corporation
Mark Teitell, UltraViolet
Bill Wheaton, Akamai

2011年4月11日16時 NAB Show 2011 ラスベガス

DECEとKeychestについてはコチラ

コネクテッドTVに対するハリウッドスタジオの反応

Sakura

■ コネクテッドTVについて

– コネクテッドTVは、破壊的イノベーションだ。ゲーム、映像を融合するプラットフォームでビジネスモデルが成立すると脅威だ。(Disney)
– 広告をして、それが広まるのに昔はインフルエンサーがいた。(Warner)
– 昔も今も、テレビドラマを見て誰かと話をするのは同じだ。昔は、リビングルームだけでやっていたが、いまはバーチャル世界で行われている。ツイッターやフェイスブックでシェアをしたり、FOX.comで番組を見れば、そこですぐコメントをシェアできる。なにかのインフルエンサーには誰もがなれる時代だ。(Disney)

■ 短尺コンテンツの戦略

– 短尺コンテンツにも力を入れているが、その戦略について常に考えている。今までと違ったアプローチが必要なのはわかっている。大手ブランド企業もコンテンツを作れるし、またそういった企業とエンターテイメントをどう結び付けるかを考えている。(Disney)
– コネクテッドTVが広まれば、ケーブルテレビに加入していなくても、検索すると自分が見たい番組が表示される。もし、ESPNなどコンテンツホルダーが新たな流通プラットフォームに配信を始めたら、ユーザーはケーブルテレビに入る理由がなくなる。(Sony)
– コンテンツを見る人を、視聴率で測定しビジネスにするか、同じ人数が有料ダウンロードしたときの売上を重要視するか、どちらを取るかは経営判断だ。(Warner)

■ HuluのグーグルTVへの提供について

– 我々はHuluの提供をグーグルTVにしてない。しかし、有料サブスクリプションモデルのHulu+ならば話は別だ。Hulu+のビジネスモデルならば、ネット接続デバイスにも新たなウィンドウとして契約できる。(Disney)
– コンテンツがコモディティ化しないように、マーケットプレイスの状況を見ながら提供しなければならない(Disney)
– 海賊版は、絶滅させるのでは無理で、いかに海賊版を管理していくかを考えるほうが得策だ。(Warner)
– 検索の時代といっても、我々のコンテンツを検索させるためのブランド構築の重要性は低下していない。(Sony)

パネラー
Bob Chapek, President, Distribution , The Walt Disney Studios
Thomas Gewecke, President, Digital Distribution, Warner Bros
Jordan Hoffner, President-Digital Media, Electus
Steve Nickerson, President-Home Entertainment, Summit Entertainment
Mitch Singer, President of the Digital Entertainment Content Ecosystem; CTO, Sony Pictures

CES 2011 2011年1月6日 13時20分 ラスベガスにて

Google TVのまとめ LogitechのRevue (2010)

2010.10.11

グーグルTVのまとめ。資料PDFはコチラ

ロジテックの『Revue』のデモ動画
Revueとテレビ、それにケーブルテレビやインターネット回線(無線LANもOK)と「HDMI(これは最近のテレビには大抵ついてます。裏側見ると大きくHDMIを書いてあります。)」でつなぎ、インターネットの映像や、グーグルTVと提携している衛星放送Dishネットワークの番組、それにアプリで提供される映画やニュース番組を見られます。

STB+大キーボードが299.99ドル。キーボード(小)が129.99ドル。他にカメラが149.99ドル。

iPhoneやアンドロイド用無料アプリもあって、リモコンになる。元々ロジテックが持っていたビデオやテレビや色々なリモコンをひとつにまとめるサービス「Harmony」の応用。

他に、Netflix(米国のTSUTAYA)、Pandora(パンドラ:米国の音楽配信サイト)、Twitter、CNBC(NBC系列のニュース専門チャンネル)、Napstar(音楽配信サイト)が利用できる。

テレビ画面に、インターネットとテレビ(放送)2つの画面を映すことができる。

10月12日にはソニーのグーグルTVが発表される。46インチで1,899ドルって説と1,399ドルって説がある。⇒ 結局1,399ドルだった。24型は599.99ドル

ソニースタイルのグーグルTVページ。ここからソニーのデベロッパーズページに行ける。

2010年9月IFAで公開されたソニーのグーグルTVのデモ動画

グーグルTVのまとめ