image

アメリカ文化外交と日本 冷戦期の文化と人の交流

図書館で見かけて読んでみた。

USIS(U.S. International Communication Agency)の日本での活動。

福岡に行ったとき、天神に「アメリカ文化センター」という看板をみかけた。それがUSISだということを本書で知った。

メモ

1940年8月米州通称文化関係調整局(45年3月に米州局)ロックフェラー局。

映画の検閲。ディズニーに中南米舞台の映画製作支援。ドイツ映画、ドイツ寄り放送局に圧力。

テレビ放送初期に、米国番組、たとえば「ファミリー・アルバム」を提供した。ほかに英語を学ぶ番組など。
米国事情を新聞社・放送局に素材・資料として提供。

湯川物語
反共映画などの製作資金支援。1953年-60年の間に5本。
東映1957年の「ジェット機出動 第101航空基地」の主演は高倉健。

1952年公開の「硫黄島の砂」は洋画興収2位。
1956年「機動部隊」
週刊朝日「戦争映画と大衆-「機動部隊をどう受けとったか」

フォークナーセミナー、シンフォニー・オブ・ジ・エア

ファミリー・オブ・マン、原子力平和利用(アイゼンハワーの国連演説”Atoms for Peace” 1953年12月)関連。1955年11月「原子力平和利用博覧会」開催。2年間で263万人動員。

藤田文子
東京大学出版会