昭和40年男 俺たち野球で大きくなった

「昭和40年男」という雑紙を見つけた。昭和40年に生まれた人向けの雑紙。子供の頃流行ってたモノを紹介する。

今月は野球特集。昭和40年生まれの野球人のインタビュー。

山本昌、吉井、箕島対星陵戦のときの箕島上野山主将。

それと、池田高校水野雄仁と中京高校の野中投手インタビュー。これが一番面白かった!

池田高校の水野は、最初甲子園出たとき、センターだったの覚えてる。そのときは、エースで四番が畠山。なんか顔が黒光していて、精悍な野生の馬みたいと思った。畠山のピッチングフォームがなんか腕が低い位置というか、変な投げ方だなーって思ったのも覚えとる。あと、レフトにホームランも打った。

水野が次の年エースで出てきたけど、なんか腕の短い人だなーと感じた。インタビュー読むと、球の勢いは俺が一番と思ってたと出てる。やっぱりスゴかったんだろうか。

ノムさんの「負けに不思議の負けなし」という本の「カーブが甲子園を制す」に、この池田高校 vs. 中京高校の分析が出てる。

『池田はカーブが打てなかった。池田打線のカーブに対する処し方を見ると、大半は見逃しである。対中京戦では二十三球のカーブを十五回、見逃した。(中略)ヒットになったのは一度である。』

水野投手の分析もある

『昔、オール徳島のピッチャーだった蔦さんは取っては投げ、ちぎっては投げ、というタイプだったという。(中略)そう思って水野君を見ると、まるで親子のような気がしてくる。(中略)次から次へと、まるでピッチングマシンさながらにボールを繰り出す。私にはその様子が、「早く打ちたい。早くチェンジになれ」といっているように思えておかしかった。攻めに相当自身がないと、こうはいかない。』

 

関連商品として、野球盤、プロ野球スナック、プロ野球選手のレコード。

プロ野球カードの裏面の説明文が、選手に対し上から目線で載ってるのだが、選手に対し上から目線で面白い。

高木守道選手が、グランドで無表情なので、球団からの要請で、ホームラン打ったら笑顔になるという条件で年棒100万あげてもらったとか。そんな話が載ってる。

それと、参謀の森繁和さんがドラフト1位で指名された写真が載ってた。高代さんも同期なんだ。