image

<盗作>の文学史

図書館で借りる。

盗作 の事例がたくさん掲載され、また盗作にまつわる資料もものすごい量が載っている。

「まァ一流文学は外国文学を”下敷き”にして二流文学は”盗む”というところだ」大藪春彦の盗作騒動に対する三島由紀夫のコメント(p.167)

この本の小見出しは、そのまま創造とはなにか?を考えるときの問題提起になっている。

とにかく面白かった。